top of page

鳩胸とは?




鳩胸とは、胸郭の前面が外側に突出したり、膨らんだりすることです。胸骨が外側に膨らんでいるのが特徴です。この胸郭の膨らみは通常、審美的な問題を引き起こし、その人の心理社会的な幸福に影響を与える可能性があります。しかし、呼吸器や心臓の問題につながることはほとんどありません。

胸骨圧迫の症状とは?

カリナトゥスには以下のような症状があります:

胸郭前部の外方への突出や膨らみ

呼吸困難または呼吸障害(まれ)

胸の痛みや不快感

審美的な問題や自信の問題

カリナータム胸骨圧迫の治療方法とは?

カリナータム胸骨圧迫の治療法には、以下のようなものがあります:

経過観察と経過観察:軽症の場合は、症状が軽微である限り、経過観察と定期的な経過観察ですみます。

運動と理学療法: 場合によっては、定期的な運動や理学療法を行うことで、陥胸筋の外観を改善したり、症状を和らげたりすることができる。特に若い患者さんでは、これらの方法が効果的であることが認められています。

装具治療: カリナトゥス胸骨圧迫の治療に用いられる方法です。特別にデザインされた外側の支えを用いて胸郭をまっすぐにします。これらの装具を一定期間定期的に使用することで、胸骨圧迫の見た目を改善することができる。







外科的介入(ラヴィッチ手術): まれな症例や症状に深刻な影響を及ぼす症例では、外科的介入が必要になることがあります。ラヴィッチ法は胸郭の矯正に用いられる手術法です。この手術では、胸骨の突出部分を切除し、胸郭の形を整えます。手術後の回復は重要で、患者は通常、数週間は活動を制限しなければなりません。

それぞれの患者さんにとって適切な治療法は、症状の重症度や患者さんの全身状態に基づいて決定されるべきです。したがって、カリナトゥス胸膜炎の症状がある人は、医療専門家に相談することが重要です。





閲覧数:12回0件のコメント

Comments


bottom of page