top of page

自宅でできる開胸術とは?



一般的に「陥没胸」として知られる「Pectus excavatum」は、胸腔が内側にくぼむことを特徴とします。この状態は、審美的な懸念と身体的な不快感の両方を引き起こす可能性があります。幸いなことに、自宅でできるエクササイズやアクティビティがあります。この症状に対して、自宅でできるエクササイズやアクティビティーを探ります。






開胸筋のエクササイズ

1. 胸を広げるエクササイズ

開胸手術の治療では、胸の筋肉を鍛え、胸腔を広げるエクササイズが重要です。チェストプレス、腕立て伏せ、懸垂などの運動で胸の筋肉を鍛え、胸腔を膨らませることができます。

2. 呼吸エクササイズ

呼吸法は、胸骨圧迫の患者さんの肺活量を増やすことができます。深呼吸や風船を飛ばすなどの簡単な運動で、呼吸による胸の拡張を促すことができます。

3. 姿勢エクササイズ

開胸筋は時間の経過とともに姿勢の問題を引き起こす可能性がある。背骨と背中の筋肉をターゲットにした姿勢エクササイズは、これを防ぐのに役立ちます。ヨガやピラティスは、背骨の健康と全体的な姿勢を改善します。





開胸筋のための活動

1. 水泳

水泳は特に開胸筋に効果的である。胸、背中、肩の筋肉を鍛え、胸腔の拡張を助ける。さらに、水の抵抗も呼吸能力の向上に寄与する。

2. Gvacuumバキュームベルの使用

自宅でできるもう1つの方法は、Gvacuum社製のバキュームベルを使用することである。この装置は、胸腔に陰圧をかけ、時間の経過とともに陥凹を軽減するのに役立つ。PectusLabのようなリソースを通じて入手可能なこの装置は、治療プロセスにおける支援ツールとして考えることができる。






結論

開胸術は、適切な運動と活動によって自宅で管理することができます。胸郭拡張運動、呼吸法、姿勢訓練、水泳などの活動は、開胸術の影響を緩和する上で重要な役割を果たします。さらに、Gvacuum吸引ベルのような器具を使用し、PectusLabのようなリソースから情報を得ることで、治療プロセスをサポートすることができます。運動プログラムを始める前に、医療専門家に相談することが重要であることを忘れないでください。




閲覧数:3回0件のコメント

コメント


bottom of page