top of page

胸骨突出症は何歳くらいから見られるようになりますか?

開胸術は「靴屋の胸」とも呼ばれ、胸郭が内側に倒れる病気です。この構造的奇形は多くの場合出生時に存在しますが、人生の様々な段階で程度の差こそあれ明らかになることがあります。いつから胸郭が形成されるのか、あるいはいつから胸郭が顕著になるのかという問題は、胸郭が形成されたご家族やご本人にとって大きな関心事です。この記事では、開胸術が出現する、あるいは顕著になる年齢に焦点を当てます。




出生時から認められる

通常、開胸は先天性の疾患です。新生児では、胸郭のわずかな陥没として始まることがあります。しかし、この時期には症状の程度が軽いことが多いため、ほとんどの場合気づかれません。

小児期と思春期

最も開胸症が明らかになる時期は、小児の急速な成長期です。特に思春期はこの症状が顕著になる重要な時期です。思春期の成長期には、胸郭と肋骨が急速に拡大し、場合によっては胸骨の内方への倒れ込みが顕著になります。このような変化は、奇形の審美的および身体的影響を悪化させる可能性があります。






生まれつき

開胸術は通常先天性の疾患です。生まれたばかりの赤ちゃんでは、胸郭のわずかな陥没として始まることがあります。しかし、この時期には症状の程度が軽いことが多いため、ほとんどの場合気づかれることはありません。

小児期と思春期

最も開胸症が明らかになる時期は、小児の急速な成長期です。特に思春期はこの症状が顕著になる重要な時期です。思春期の成長期には、胸郭と肋骨が急速に拡大し、場合によっては胸骨の内方への倒れ込みが顕著になります。このような変化は、奇形の審美的および身体的影響を悪化させる可能性があります。

----

成人期

しかし、思春期に明らかになった奇形は成人になっても固定したままである。身体的発育が完了する成人期には、変形は進行しないと考えられるが、現存する病態の身体的および心理的影響は持続する可能性がある。

変化と発現

- 身体活動と運動: 定期的な運動や身体活動は、特に胸部および背部の筋肉を強化することによって、奇形の外観に好影響を及ぼすことがある。このような運動は変形の程度を軽減するわけではないが、体全体の姿勢や筋肉の張りを改善し、美観上、変形の程度を目立たなくするのに役立つ。

- 体重の変化: 体重の大幅な変化、特に肥満は胸郭の形状に影響を与えるため、開胸術の外観に影響を与えることがある。

結論

開胸は人生の早い時期から始まり、思春期に特に目立つようになる疾患です。この時期が審美的にも身体的にも奇形が最も目立つ時期です。成人期を迎えると、症状は安定することが多いが、生活の質への影響は持続する。罹患者とその家族にとって、早期診断と適切な管理戦略は、この疾患の影響を軽減する上で重要な役割を果たす。


Gvacuum Pectus Excavatum Vacuum Bell

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page