top of page

胸骨圧迫とは?



---


胸骨圧迫とは?

胸骨圧迫とは、胸郭が異常なまでに内側または外側に倒れた状態を指します。通常、先天性の疾患であり、小児期や思春期に明らかになることもあります。胸骨圧迫は通常、胸郭の中央または端にはっきりとした凹みや膨らみとして現れます。

胸骨圧迫の原因は?

胸骨圧迫の正確な原因はわかっていませんが、遺伝的要因と環境的要因が組み合わさっていると考えられています。家族歴は、胸骨圧迫の形成に重要な役割を果たすかもしれません。また、外傷や胸郭に影響を及ぼすその他の健康上の問題が、胸骨圧迫の発生に関与している場合もあります。

胸骨圧迫の種類は?

胸骨圧迫にはいくつかのタイプがありますが、最も一般的なものは、「外胸骨圧迫(内胸側)」と「外胸骨圧迫(外胸側)」と呼ばれるものです。






----

- 胸郭外反症(胸郭内反症): 胸郭の前面に内側に空洞がある状態。この空洞のために胸郭が通常よりも内側に倒れる。心臓や肺を圧迫し、場合によっては呼吸障害や心臓障害を引き起こすこともある。

- 胸部外反症: 胸郭の前部が外側に突出した状態。胸郭が通常よりも外側に膨らみます。審美的な問題から不快感を与えることが多いですが、呼吸器や心臓に問題を起こすことはほとんどありません。

胸骨圧迫の症状とは?

胸骨圧迫の症状には個人差があり、胸骨圧迫のタイプによっても異なります。しかし、通常以下のような症状が見られます:

- 胸郭の異常な形や陥没

- 呼吸困難や呼吸障害

- 胸の痛みや不快感

- 審美的な問題(特にカリナトゥス胸筋の場合)

- 運動中の急激な呼吸や急激な疲労

胸骨圧迫の治療はどのように行われますか?

胸骨圧迫の治療は、胸骨圧迫のタイプ、重症度、症状によって異なります。治療法には以下のようなものがあります:

- 経過観察と経過観察:症状が軽い場合には、経過観察と定期的な経過観察ですむこともあります。

- 装具治療: これはカリナータム胸骨圧迫の治療に用いられる方法です。胸郭を矯正するために、特別にデザインされた外付けのサポーターを使用します。これらの装具を一定期間定期的に使用することで、胸骨圧迫の見た目を改善することができる。https://www.pectuslab.com/gpadpektuskarinatumortezi。



----

- 真空治療: 外胸骨圧迫の治療に用いられる方法である。胸郭を外側に押し出すためにバキューム装置を使用します。この治療法を一定期間定期的に行うことで、胸郭の形を正常に戻すことができます。




- 運動と理学療法: カリナータム胸骨圧迫の場合、定期的な運動と理学療法により、症状が改善する場合もある。

- 手術: 胸骨圧迫がひどい場合や症状が重い場合は、手術が必要になることがあります。胸骨圧迫の場合、胸骨を矯正するためにプレートやロッドを埋め込むことがあります。

結論として、胸骨圧迫は胸郭の異常な崩壊または突出と定義される疾患です。通常、先天性の疾患ですが、その症状や重症度は人によって異なります。治療の選択肢は、胸骨圧迫のタイプ、重症度、症状によって異なるため、医師による詳細な診断の後に決定する必要があります。ご自身やお子さんに胸骨圧迫の徴候が見られたら、医療専門家に相談することが大切です。





閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page