top of page

シューメーカー胸(外胸骨圧迫)の患者へのダメージについての情報



シューメーカー胸(医学用語では「外胸骨圧迫」)とは、胸郭が内側に倒れることを特徴とする疾患です。これにより胸骨が内側に倒れ、胸郭の前面が空洞のように見えます。外胸骨圧迫が患者に身体的、心理的な害をもたらすかどうかは、多くの要因に左右されるため、慎重に評価する必要があります。

考えられる身体的影響

1.呼吸器の問題: 重症の場合、胸郭が内側に潰れることで肺機能に影響を及ぼし、呼吸障害を引き起こすことがある。これにより、呼吸が制限され、運動中の呼吸困難を引き起こすことがある。

2.心臓の問題 非常に重症の場合、胸骨が内側に倒れることで心臓が圧迫され、心臓機能に影響を及ぼすことがあります。心臓のリズム障害や心不全の原因となる。

3.脊椎の湾曲: 重症の場合、背骨が圧迫され、脊柱側弯症のような背骨の湾曲の問題を引き起こす可能性があります。

心理的影響

1.自尊心と心理社会的ストレス: 外胸骨は患者の外見に影響を与え、自信の問題を引き起こす。特に思春期の患者は、他人と違って見えることによる心理的ストレスを経験する可能性がある。

2.社会的孤立: 患者さんによっては、社会的孤立を引き起こすことがある。受け入れられなかったり、嘲笑されたりすることを恐れて、社会的活動を避けることがある。

治療の選択肢とリスク

1.外科的治療: 重症の場合、外科的治療が必要となる。この手術は、胸骨をまっすぐにしたり、突出を小さくすることを目的としています。しかし、外科手術には常にリスクが伴い、回復には長い時間がかかります。

2.非侵襲的治療 吸引療法などの非侵襲的な方法は、外科的介入の代替手段として検討することができます。しかし、これらの治療法の効果や成功率は患者さんによって異なります。

結局のところ、外反母胸が患者さんに害を及ぼすかどうかは、状態の重篤度や症状によって異なります。患者さんはそれぞれ異なるため、治療の選択肢とリスクを慎重に評価する必要があります。適切な治療方針を決定するためには、医療専門家に相談することが重要です。



閲覧数:1回0件のコメント

Kommentare


bottom of page